トップページ > SBI債券について > どうしてSBI債券は人気なの?

どうしてSBI債券は人気なの?

どうしてSBI債券は人気なの?

SBI債券とはどんな商品なのか?

その人気の理由はやはり、この低金利時代でありながら、
高い年率で運用してくれるからでしょう。

ここではSBI債券の購入した時の資産運用の効果を紹介していきますね!


1年間、高い年率で資産を運用できる商品です!

好利回り、それも1年間という運用期間で年率が1.6%以上で運用してくれる、
そんな金融商品はなかなかお目にかかれません。

債券ならではのリスクはありますが、
リスク以上に得られるリターンがある、それがSBI債券なんですね!

では、SBI債券を購入し、実際に資産運用した時の例を見てみましょう!

もし年率が1.8%(税引き前)、SBI債券を100万円分購入した場合

債券購入金額+利回り=1,000,000+(1,000,000×1.8%)=1,018,000

ただし、受け取る際には20%の税金がかかります。
ですから受け取る利息分は、

18,000円-(18,000円×20%(税金))=14,400円

また金利は、7,200円ずつ年2回受け取る形となります

また購入可能額は10万円からですので、少額投資も可能です。

ただし、お伝えしておかなければならないことがあります。
それはSBI債券は、貯金ではなく投資であるということです。

SBI債券のリスクって?」でもお伝えいたしましたが、
もし投資先の企業が倒産したら・・・定期預金のように元本保証はない、
資産が戻ってこなくなる可能性があることは覚えておきましょう!

円建て債券なので為替変動のリスクがありません!

SBI債券がユーロ円債であることは、
SBI債券って?でも説明しましたが、為替変動の影響は受けません。

これはどういうことかといいますと・・・
円建ての投資のため、為替が変動しても影響を受けません。

これが外貨建債券だと為替変動の影響は受けます。

為替変動の影響って?

為替変動とは外貨を利用した債券投資を行った時に影響してきます。

例えば、債券を購入した時に1米ドル=80円だったのに、
債券売却時には1米ドル=70円になっていた場合なら、10円の差が生じます。

これがもし投資した金額が10,000米ドルであれば、
為替変動によって生じた10円分の差が為替差損となりますので、
10,000(米ドル)×10(円)=100,000円の損失が生じます。

それに対し円貨建て債券は、為替変動による元本は変動しない、
投資した分の資産が目減りすることはありません

この円建てとは、債券を購入する時に円で買い、
利子を受け取る時もそのまま円で受け取る仕組みの債券です。

円建ての中には、外貨の為替レートと連動するもの(仕組み債)もありますが、
このSBI債券は外貨レートといった、為替に連動していません。

ですからSBI債券は、
円安・円高になっても関係ないということなんです。

好利回りで運用できるのにも関わらず、
為替変動の影響による資産が目減りするリスクがない、
これがSBI債券の人気の秘密でもあるんです。

また基本1年未満の短期運用の商品のため、デフォルトリスクも低さも、
個人投資家たちの間で人気が高い理由ですね。

ページ先頭へ戻る