トップページ > SBI債券について > SBI債券のリスクって?

SBI債券のリスクって?

SBI債券のリスクって?

この低金利時代でありながら、
短期間での運用、高い年率で運用してくれるSBI債券。

今ではあまりの人気の高さから抽選申し込みになっています。

しかしそれだけ人気のある投資話にはリスクがあるのでは、、
そう考えるのは普通でしょう。ではSBI債権のリスクとはなんなのか!?

SBI債券のリスクについて検証してみたいと思います!


倒産すれば元本保証はありません、、

投資をする上で一番怖いのが、
投資した資産が全てなくなってしまうことではないでしょうか。

結論からいえばSBI債券は、
投資した資産(お金)がなくなる可能性はあります

「投資したお金=元本」も、
発行体(SBI証券)が倒産すれば保証されません。

それはSBI債券が個人向け社債のため、
預金保険機構(※)の対象ではないからなんです、、

※預金保険機構とは
預金保険機構とは、金融機関が破綻した場合、
預けている預金を保険制度から保護してくれる公的機関です。
1,000万円の預金保護をしてくれるペイオフは有名ですよね。 

これがいわゆる、デフォルトリスク=信用リスク()と呼ばれているものです。
信用リスクについては、「信用リスクと格付けについて」をご覧ください。

発行体である企業が倒産する可能性は、、ゼロではありません。

倒産するリスクがあるかどうか、それは・・・
格付け期間の評価や企業の財務状況等から判断する必要があります。

ではSBI債券を発行する発行体、
企業は大丈夫なのか?検証してみましょう!

格付けから見るSBIホールディングス株式会社の倒産リスクについて

SBI債券を発行するのは、SBIホールディングス株式会社です。
即ち、SBIホールディングス株式会社がSBI債券の発行体というわけです。

このSBIホールディングス株式会社の倒産するリスクを読む一つの指標は、
大手格付け機関が付ける、格付けを参考にする方法です

大手格付け機関(R&I)の格付けによると、
SBIホールディングス株式会社の格付けは「BBB」です。

BBBという格付けは、投資適格債といわれています。

一般的に投資適格債であれば、
大きな金融危機がない限りはまず大丈夫であるといわれますが、
格付けは、あくまでも参考程度の判断材料として考えましょう。

なぜなら格付けが高くても倒産するケースは過去にあったからです、、

格付けのリスクに関しては、
信用リスクと格付けについて」で詳しく説明しますね♪

自己資本比率から見る倒産の可能性

倒産の可能性は格付け以外にも見る方法があります。
それは企業の財務状況の一つ、自己資本比率から検証する方法です。

そもそも自己資本とは、 企業が借入等を除いた純粋な企業の資産、
即ち、企業が自由に使える資本のことを指します。

この自己資本の比率を自己資本比率といい、
下記計算式で求めることができます。

(総資産÷自己資本金)×100=自己資本比率(%)

自己資本比率は、企業のIR情報や四季報などで公表されている、
株主向けの資料や各年度の決算書等から見ることが出来ます。

そして自己資本比率の割合から、
企業の倒産リスクを見ることができます

自己資本比率の理想的な比率としては、40~80%といわれており、
自己資本比率が40%を超える企業は、倒産しにくいといわれています。

自己資本比率からみる企業状態

自己資本比率
比率評価 70%以上 理想企業
40~69% 優秀企業
20~39% 普通企業
0~19% 成長過程企業
0%未満 欠損企業

ちなみに、SBI債券の発行体、
SBIホールディングス株式会社の自己資本率は、
過去3年間の業績からみると平均で29.2%です。

経営状態としてはまずまずの企業といえるのではないでしょうか。

また証券会社には自己資本規制比率()という指標もあります。

自己資本規制比率に関しては、
  「自己資本規制比率について」で説明したいと思います!

運用期間から見る倒産リスクについて

運用期間が長くなればその分、
投資した資産を回収するまでの期間が長くなりますので、
その期間中に投資先の企業が倒産するリスクは自ずと高くなります。

例えば運用している間に、あのリーマン・ショックのような事態が起きれば、
倒産する企業が増加する可能性が有り得るからです。

この点、SBI債券は運用期間が6ヶ月~1年という短期間です。
投資期間から見るとリスクは低い債券であるといえるでしょうね。

ページ先頭へ戻る