トップページ > 資産運用豆知識! > SBIハイブリッド預金を利用する!

SBIハイブリッド預金を利用する!

SBIハイブリッド預金を利用する!

SBI証券の口座を開設することで、
好利回りの資産運用方法の選択肢が増えます。

それがSBIハイブリッド預金(普通預金)です。

SBIハイブリッド預金って?

SBIハイブリッド預金はSBI証券と同じグループである、
住信SBIネット銀行が提供している好利回りの普通預金サービスです。

SBIハイブリッド預金を利用するためには、SBI証券の口座以外にも、
住信SBIネット銀行の口座の開設も必要となります

手間はありますが、SBIハイブリッド預金を利用することで、
SBI債券を購入する時はもちろん、投資信託や株式投資など、
資産運用を考えた時にも便利な普通預金なんですね♪

また利息は毎月受け取ることができます。
(第三土曜日で利息が決定、翌日に入金されます)

普通預金でありながら好利回りです!

もともと普通預金や定期預金でも金利が高い住信SBIネット銀行ですが、
SBIハイブリッド預金は普通預金でありながら、0.10%前後の好利回りです!

住信SBIネット銀行の預金タイプ別金利表

預金タイプ 金利
100万円未満 100万円以上
円普通預金 0.030% 0.030%
円定期預金(1年定期) 0.300% 0.300%
SBIハイブリッド預金 0.120% 0.120%

当然のことながら、定期預金の利回りは良いのですが、
預金を引き下ろせる自由度は下がりますので流動性は悪いです。

ただこのSBIハイブリッド預金は普通預金なので、
好きな時にお金を引き出すことができるので、流動性も高い預金方法です。

注意点としては、SBIハイブリッド預金からの出金・入金をする場合、
同行の円普通預金へ振り込み、振り替えする必要があります

ただこれはインターネット上で手続きすれば、
即時に反映されますので、キャッシュカードで引き出しすることが可能です。

出金時は、セブン銀行など、コンビニATMであれば手数料も無料なので、
比較的使い勝手はよいのではないでしょうか♪

もし他行への振込みをしたい場合、手数料はかかりますが振り込み可能です。

住信SBIネット銀行のATM取引手数料一覧

取引対象ATM 手数料
預け入れ時 引き出し時
セブン銀行 0円 0円
ゆうちょ銀行 0円 105円(
イーネット 0円 105円(
LANs(ローソン) 0円 105円(
月5回まで無料です。

住信SBIネット銀行から他行へ振り込む際の振り込み手数料

他行への振込み手数料 150円(月3回まで無料


預金は1,000万円+利息分が保護されています!

SBIハイブリッド預金は預金保険制度の対象のため、
もし住信SBIネット銀行が破綻した場合でも、預け入れしている資産は、
1,000万円と利息分までは保護されます。

高い利回りで資産を運用できるだけでなく、
資産を安全に運用できる点も大きな魅力であるといえるでしょう!

SBIハイブリッド預金の残高はSBI証券の買付余力として反映します!

SBIハイブリッド預金に預け入れしている預金残高は、
SBI証券における買付余力として繁栄します

わざわざSBI証券の口座に入金せずとも、
SBI債券やその他投資商品を売買することができちゃうんですね!

投資によって得た利益管理をSBIハイブリッド銀行で行うことで、
再投資する際もスムーズな投資が可能となるわけです。

また利益を受け取りも、受取日当日に受け取ることが可能()です。
通常は翌営業日以降になります。

総括!ここがおすすめ!SBIハイブリッド預金!!

実は管理人もこのSBIハイブリッド預金を利用しています♪

SBIハイブリッド預金を知らない時は・・・
ネット銀行や一般銀行の普通預金、定期預金に預け入れしていました(汗)

SBIハイブリッド預金は、

  • 1,000万円までの預金は預金保険制度で保護されている
  • 普通預金でありながら好利回りである
  • 債券購入はもちろん、証券会社での取引でも便利である

・・といった点からも投資資金以外を、
銀行の普通預金・定期預金などに資産をいれている方であれば、
高い利回りで安全に運用できるのでおすすめです♪

定期預金よりも利回りこそ劣りますが、SBIハイブリッド預金は、
流動性、また投資をする上では非常に使いやすい預金方法だと思います!

ページ先頭へ戻る