トップページ > 債券豆知識集! > 円貨建て債券と外貨建て債券

円貨建て債券と外貨建て債券

円貨建て債券と外貨建債券

SBI債券は、(ユーロ債の)円貨建て債券です。

しかし、この円貨建て債券と共によく耳にするのが、
外貨建債券と呼ばれるものです。

外貨建債券とはなにか?
ここでは円貨建て債券と外貨建債券の特徴、
どういった違いがあるのか、説明していこうと思います。


「円貨建て債券」と「外貨建債券」の違いって?

円貨建て債券と外貨建債券の違いを簡単にいえば、
債券の購入や利子・償還金の受け取りを「円か外貨で行うか」の違いです。

  円貨建て債券 外貨建債券
購入可能機関 証券会社、銀行etc...
発行体(債券) 国内債券、外国債券 外国債券
商品概要 円貨通貨で発行される債券 外貨通貨で発行される債券
金利 外貨建債券よりは低い 円貨建て債券より高い(通貨による)
主なリスク 信用リスク 信用リスク、為替変動リスク
利子・償還金
の受け取り
円で受け取る 外貨で受け取る
満期時の
受け取り金額
(デフォルトなし)
購入時債券価格と同等の金額と債券購入時約束された分の利子分を満額受け取れる 受け取る金額は為替によるため、
為替状況によっては受け取り金額が目減りする可能性がある
流動性 途中解約(売却)可能・・・現金化は可能であるが、
返金される金額は、売却時点での債券価格等が反映するため、
売却損が発生する可能性もあるので注意が必要

外貨建債券は年率が高いのでリターンが見込めますが、
その分・・・為替変動のリスクがあります。

外貨建債券の場合、
満期時には外貨にて利子・償還金を受け取ります。

もし満期時の為替相場が、
債券購入時価格よりも下落している場合であれば、
投資した金額よりも目減りしてしまう可能性があります

この場合、外貨を円に換金せず、為替の条件が良くなるまで保有し、
条件が良くなったときに換金すれば良いでしょう。

ただこれは満期時に利子や償還金を、
すぐに利用したいといった方には向かないでしょうね、、

ちなみにSBI債券は、円貨建ての外国債券(ユーロ債)です。
ですので、為替変動のリスクはありません

年率の高い円建て債券には注意!

円建て債券でも年率が 12%~といった、非常に高い利回りの債券があります。
これは仕組債(しくみさい、仕組み債ともいわれます)と呼ばれるものかもしれません。

仕組債は様々なリスクを伴うものなので、
手を出さないほうが賢明な債券であるといわれています

実はこの仕組債、年率も高く、リターンを望める債券ですが、
それ以上に非常にリスクが大きいのが特徴です。

それは一般的な債券のリスクに加え、
デリバティブによる他のリスクも伴うためです。

デリバティブとは、 「金融派生商品」と訳され、
債券に他の条件を付帯し、販売しているものです。

そしてリスクは、仕組債の種類によっても異なってきます。
中でもよく知られている仕組債に「リンク債」と「EB債」があります。

  仕組債の種類(一例)
リンク債 EB債
代表的な商品 日経リンク債
多岐にわたる
デリバティブ 日経リンク債・・・日経平均株価
株式
商品概要 あらかじめノックイン価格()が定められ、
その価格を下回らなければ、
約束された高配当が支払われる
あらかじめ定められた株価水準
(トリガー価格)に達しなければ、
約束された高配当が支払われる。
リスク 一度でも定められた株価を下回った場合や発行体がデフォルトした場合は、債券は途中売却される。資産は株価に応じて償還されるため、株価が下落している場合であれば、
資産は元本割れを起こす。
定められた株価水準を下回ると
自動的に債券を株式に転換される。
よって、転換時の株価状況に応じて
資産が償還されるため、株価下落時
には資産は元本割れを起こす。
例えば、ノックイン価格が日経平均株価8,000円と定めた場合、
 日経平均株価8,000円=ノックイン価格となります。

これは仕組債の種類の一例であり、
実際には・・・まだ多くの種類が存在しています、、
その仕組みの複雑さも、投資家を悩ませる要因となっています。

ただ一ついえること、それはこの仕組債の多くの商品が・・・
投資家にとっては儲からないものが多いということです。

もし仮に高配当で儲かる金融商品であれば、嫌らしい話・・・
証券会社等は、個人投資家に容易に売り出すことはないからです。

ですから、仕組債に手を出すことは投資家の間ではタブーとなっています。
高い金利に惹かれて、うかつに手を出さないよう注意しましょう

ちなみに商品の目論見書に・・・
「ノックイン」「トリガー」 「参照価額」「金融デリバティブ」
とあれば仕組債ですね、、

ページ先頭へ戻る